メニュー トップページ さざん眼科のご案内 院長ご挨拶 院内のご案内 目の病気について 目の病気Q&A お問い合わせ 先生日記
医療法人社団さざん眼科:電話番号0538-36-5311
トップ >目の病気について

詳しい内容については病名をクリックしてください。

白内障

白内障は目の疾患の1つで、水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになります。以前は「白底翳」(しろそこひ)と呼ばれていました。
水晶体がにごることにより、カメラのレンズが曇って写真がうまく写らないのと同じように、ものが霞んで見えることになります。40歳代から進行しはじめ、80歳以上はほぼ100%の人に白内障の進行がみられるようです。

自覚症状としては、かすんでみえる、ぼやける、光がまぶしくて見えにくい、二重・三重に見えるなどです。
いったん白内障になると、その視力低下をメガネやコンタクトレンズで矯正することはできませんが、ここ数十年で白内障手術は画期的に進歩し、より視力を回復できるようになっています。


詳しい内容については病名をクリックしてください。
マップ